ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


志尚の蜜で

面紗を詮じて

戻換を刑し

境地を律した

 

役の舶貨で

芳信を撚れば

祷祀で延び

内向を足した

 

未詳の質で

戦車を免じて

勁悍を隷し

陵遅を喫した

 

箔の薬禍で

葉針を彫れば

脳死で跳び

退校を生した

 

 

「惑乱の蕾」