ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


握取の箔で

奉饌を捺して

争子を弄し

来航に算した

 

盟の喧騒に

矜持で魅して

忠諫を任じ

年季を転じた

 

拍手の悪で

応戦を歩して

老師を草し

砕鉱に濫した

 

刑の面相に

苗字で期して

入棺を鎮じ

天機を念じた

 

 

「骨肉の膏」