ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


生殖を挺し

知性を釈して

未完の息は

英志を巡った

 

扞止の肚で

訪察に高じて

同慶を牧し

万口を脱した

 

抵触を征し

至誠を着して

已還の幹は

命旨を抉った

 

半死の殻で

絞殺に報じて

妄計を毒し

断虹を罰した

 

 

「敗る気骨」