ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


校歌の獄で

外向を課され

単糸で諾し

同船は燈った

 

左券の薪で

門歯を蘇して

誇る農場は

南華を吐いた

 

号火の刻で

偕行を臥され

弾子で託し

当選は吃った

 

魔犬の先で

損紙を模して

遺る鳳城は

盤枷を泣いた

 

 

「無実の縁」