ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


哀歓の神は

光時を捺せど

法帖に洩れ

迷子を発した

 

実気の肉で

念校を贅して

性の元資は

義眼を信じた

 

戒勧の網は

往事を鼓せど

妄情に惚れ

廃語を抹した

 

日記の軸で

前項を佞して

芸の千思は

此岸を吟じた

 

 

「シナリオ」