ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


慕情を督し

短所を縛して

配下の題は

同源を補した

 

貝の雑記は

憎心を剋して

権教を蘇し

最始を駕した

 

途上を牧し

万庶を託して

代価の灰は

法諺を度した

 

財の活気は

恒真を賊して

遜恭を後し

涯涘を鎖した

 

 

「裏腹の靴」