ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


日記の蝶で

天資に念じて

洗剤の縁は

引拠を歯した

 

礼の携持は

帰向を猟して

飛箭で魅し

名妓に偏した

 

窒気の尿で

撚糸に転じて

冤罪の栓は

深居を医した

 

刑の霊示は

履行を供して

味煎で秘し

兵蟻に面した

 

 

「古き降伏」