ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


卵殻で算し

損紙を聾せど

盗撮の脳で

難者を貯めた

 

吉時の妙で

明潔を慶せば

円規を変じ

秘策は淫した

 

賛画で濫し

論士を草せど

悩殺の糖で

単射を舐めた

 

密事の凶で

経血を瞑せば

偏気を演じ

遺作は貧した

 

 

「塵の迷想」