ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


争気の虎は

太玄を散じて

約書の網で

憶測を浴した

 

耳の郷里で

景況を銘して

塀の隷下は

了悉を秘した

 

投企の空は

際限を嘆じて

悪処の闇で

抑塞を臆した

 

君の冥理で

名教を刑して

霊の兵禍は

漂失を利した

 

 

「荒き結実」