ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


幕の鑚孔で

相姦は目して

能性の鳥は

帯紙で啼いた

 

因子を貧し

辺戒を演じて

量産を供し

珪藻を令した

 

柵の慢行で

盲管は則して

当世の糊は

乃至で焚いた

 

瀕死を印し

遠海を変じて

胸算を猟し

霊想を刑した

 

 

「祈る伽話」