ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


輪講の膣は

彽徊を隷して

平産を餞し

正忌を秘した

 

悪鬼の豆は

猛犬を脅して

化成を訳し

様相を抗した

 

沈降の律は

例解を挺して

清算を偏し

標旗を歯した

 

末期の雨は

王権を戻して

野生を攪し

厚葬を擁した

 

 

「脈の蕩揺」