ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


停戦を僻し

貧果を寵して

咽喉を律し

恋矢を閲した

 

霜の狂痴を

軽装で征して

拳固の税で

上巻を擬した

 

閉栓を敵し

沈荷を表して

隣交を逸し

遠志を列した

 

肝の勝地を

清掃で刑して

前古の芸で

業間を辞した

 

 

「貴む暗示」