ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


盟の繋止で

毅然を看れば

表裏を賃し

天行に僻した

 

誤送で度し

断礎を害せど

悪の才幹は

測器に怯えた

 

刑の名刺で

未全を着れば

調理を貧し

変項に適した

 

土葬で伍し

頑素を題せど

柵の哀歓は

憶起に聳えた

 

 

「翅の譫言」