ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


核糸の灰で

包装は転べど

同軌に属し

雑感に堕した

 

縞の胃腺で

円規を栓じて

霊交に徹し

調子を猟した

 

薄志の貝で

構想は滅べど

臓器に毒し

脱簡に坐した

 

今の視線で

戦機を演じて

堤高に列し

料紙を弔した

 

 

「ダイス」