ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


密教を比し

兵禍に面して

別撰の裂は

陵夷に尾した

 

悪意の枷で

昿原を臆せば

業火を草し

災祥を駕した

 

畢竟を魅し

名下に偏して

烈戦の蔑は

病衣に利した

 

赫威の汗で

横言を刻せば

葬歌を号し

外傷を挿した

 

 

「罠の減法」