ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


難境の鍵も

好機に乗れば

塗擦の獄で

凱歌を帯した

 

未成の息は

曳索を免じて

便宜を煎じ

小閑に尾した

 

緩頬の凪も

納期に凝れば

誤殺の徳で

大火を害した

 

遺制の幹は

名作を演じて

戦技を弁じ

病間に死した

 

 

「折の才覚」