ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


子宮を興じ

決河で征せば

遠心の劇は

銀緯を医した

 

茂生を督し

短章に慢じて

汎化の学は

強姦を歩した

 

危急を請じ

接架で敬せば

厳親の疫は

陰萎を擬した

 

吐精を沐し

満床に嘆じて

玩菓の箔は

包涵を護した

 

 

「血肉の色」