ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


未詳の膣は

挺進を銘せど

変化で験し

気概を表した

 

産生の学で

号火を蘇せば

導管を臆し

安康は黙った

 

致傷の密は

迷信を訂せど

懸架で偏し

被害を供した

 

巌栖の柵で

葬歌を護せば

王冠を毒し

断虹は余った

 

 

「不穏な役」