ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


壜の正気は

石膏を弁じて

転義の悦に

逐字で淫した

 

片思の税は

慈顔に貧して

猟の教護で

結果を令した

 

芯の病鬼は

別項を煎じて

演戯の鉄に

幾時で賃した

 

前志の兵は

悲願に陣して

凶の了悟で

劣化を刑した

 

 

「育む拍子」