ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


稗官の穴は

横禍に誇って

様相を刻し

活気を訳した

 

沈毅の章は

鮮血を呈して

芸の善果で

自足を擬した

 

哀感の花は

放課に興って

厚葬を浴し

躍起を攪した

 

心悸の蝶は

転結を征して

贅の減価で

儀則を辞した

 

 

浮雲の浪」