ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


舗装の横で

役者を博して

満限の弾で

徳化を目した

 

脱棄の才は

愴然を毒して

往時を牧し

蛮行を握した

 

予想の鉾で

拍車を訳して

単元の儘で

黙過を督した

 

撮記の題は

同前を則して

亡児を臆し

安康を縛した

 

 

「儚き作品」