ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


腰の放火で

拝絹は会して

再帰を帯し

洞悉を蘇した

 

眼孔の財は

造機を号して

同職を牧し

売価を脱した

 

星の浩歌で

懐剣は敗して

大気を裁し

喪失を吐した

 

残更の害は

拷器を蔵して

望蜀を毒し

題下を罰した

 

 

「薫る不全」