ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


暫時の才を

総算し蔵して

偏気を便し

備考を秘した

 

未刊の息は

燕居し巡って

余照を貢し

核子を扼した

 

讃辞の財を

増産し相して

抃喜を貶し

非行を尾した

 

如何の幹は

免許し抉って

古鐘を擁し

訳詩を攪した

 

 

「綴る迷路」