ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


期成の韻は

英資を献じて

徳の読破で

断機を託した

 

善の選果で

心耳を持して

盲者の堀で

敗走を慢じた

 

遺制の菌は

刑屍を演じて

毒の特派で

単騎を諾した

 

栓の前科で

塵事を資して

放捨の森で

埋葬を判じた

 

 

「粗末な境」