ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


揚棄を督し

託生で宿れば

安閑の幕で

目次は踊った

 

開栓の恥は

抱囲で鼓して

相思で論じ

乱交で讃した

 

騰貴を浴し

薬傷で辿れば

満干の悪で

憶持は戻った

 

敗戦の舵は

更衣で干して

老視で損じ

鑽孔で濫した

 

 

「径の辻褄」