ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


腸胃の情は

善果を徹して

核質の顎で

往信を刻した

 

装花の鉾で

半醒を浚って

厳行の面で

味覚を艤した

 

上位の蝶は

天下を絶して

悪疾の籠で

降心を臆した

 

放課の底で

産生を祓って

綿亘の弦で

擬革を魅した

 

 

「アンサー」