ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


木星の損で

洒掃に廻った

遥察を臆し

悪手を訳して

 

我見を題し

同価で護して

殻の拝啓は

方角を濾した

 

促声の門で

埋葬に触った

殴殺を浴し

薬種を握して

 

打鍵を害し

業果で度して

肚の会稽は

後学を歩した

 

 

「探求の屑」