ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


造機を号し

頑強は坐して

奪の売価で

同視を牧した

 

愛憎の中で

能性を興して

星の講話で

開巻を量った

 

拷器を蔵し

残響を駕して

罰の題下で

防止を毒した

 

内臓の垢で

旺盛を遺して

腰の飽和で

廃刊に罹った

 

 

「滅亡の王」