ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


疫の締結で

痴言を印して

土星の獄で

外傷を脱した

 

姫の刺衝は

生息を変じて

回鯉の鉈で

脳幹は混んだ

 

敵の永訣で

威厳を賃して

悟性の毒で

代償は合した

 

〆の費消は

閉塞を煎じて

泥梨の肩で

後患を呑んだ

 

 

バロック