ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


坂の敗報は

試刷で秘する

獏の楽団で

元素を便じて

 

俗の動輪は

残基の代価だ

雨の緘口で

狎昵に応じて

 

墓の才鋒は

飛札で資する

学の爆弾で

弁疏を現じて

 

毒の造林は

断機の罪過だ

亀の安康で

往日に困じて

 

 

「朧気な兵」