ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


酸素の旅で

頭記を染めて

仮想の槍は

余接に寇した

 

愛視の幕は

門戸を臆して

配位の仲で

能事を誇った

 

嘆訴の錆は

掻器を止めて

野葬の狩で

古説を擁した

 

昧死の悪で

恩顧を沐して

内意の墓は

鳳字に遺った

 

 

「篤き受難」