ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


塑像の許で

慢性を誘って

破顔を濫し

牢記し焙じた

 

運星の靴に

交換を興して

有機の罪で

多層を訳した

 

模造の外で

産制を纏って

裸眼を叛し

抛棄し老じた

 

燻製の欝で

往還を殺して

通規の弓に

野葬を託した

 

 

「沁む値札」