ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


哀史の幕は

霧中で熟れて

陽気の恋で

空間は揺れる

 

相即を論じ

累世に推する

痰血の翅で

諷示は積って

 

昧死の悪は

宇宙で群れて

好機の宵は

幽閑で暮れる

 

蝋燭を損じ

水性に類する

蟠結の種は

通辞で肥って

 

 

「ファー」