ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


養畜の声で

厄の懐石は

放逐の空で

柵の犯跡は

 

由の校庭で

約束の殻は

星の装丁で

錯綜の肚は

 

遁世の靄で

的の帯剣は

温凊の蚤で

痕の内見は

 

時の盲管で

満席の弾は

沖の納棺で

愛惜の波は

 

 

「転調の籠」