ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


内積の馬は

韻致を呪って

幕の階層で

光華に黙した

 

有機の箔で

彷徨を病んで

消過の綱は

定置を裁した

 

哀惜の沼は

認知を犯して

核の埋葬で

猛火に刻した

 

風紀の厄で

要項を吐いて

弔花の砂は

聖地を帯した

 

 

「悪癖の脳」