ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


罰の装甲を

包帯で宥めて

痩せた嵐に

舌は行き届く

 

煙草の灯は

色恋の残月だ

干渉する蛇

泣き喚いた皿

 

震える嘘は

韻に肯定され

侮蔑の檻で

難症を夢見る

 

甘き眠剤

縋って祈って

映画の楽団

撓垂れた約束

 

 

「枯れた枕」