ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


坑木の仔は

奥付を措き

時の図籍で

壮美を注ぐ

 

刑の啓示は

厭戦を笑み

鉄錆の手で

誠意を迫る

 

季世の肝は

韻事を祈り

知の調摂に

汐風は沁む

 

禍の瘡蓋は

暗鬼を仰ぎ

大尾の弾に

細胞は咲く

 

 

「没の表象」