ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


糧の喚想を

僕は暴食して

蟻の暗鬼で

頬は熱ってる

 

密告の径で

難を嬲れども

塵の調教を

咳で煽起する

 

外の奏法で

弾は嘆息して

虹の任期は

繭を護ってる

 

変則の蛇は

糸を祈れども

別の弁証が

君を禁忌する

 

 

「サイン」