或いは美型詩の実験場。


仄かな交織で

蛍雪を平視し

秘事の金烏に

介意し奔った

 

しかし早成は

蝉噪を提示し

調子の止血で

催告し祟った

 

細かな奉頌で

閉栓を計理し

驥尾の貧苦に

拝跪し還った

 

しかし悼惜は

天則を整備し

掌裡の智剣で

対向し覚った

 

 

「カリオテ」