ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


淋しき耐蝕は

兆前の賞辞で

静止を覘考し

投棄し剃った

 

遥かな懐生で

奇食は表裏し

兵備の経血を

混交し奉じた

 

正しき災祥は

勝絶の掉尾で

定理を宣告し

相違し捕った

 

幽かな敗績で

費消は狂死し

啓示の閉瞼を

翻刻し高じた

 

 

ニルバナ