ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


正しき快晴で

規則を調戯し

定見の権利も

交合し点った

 

密かな嗜食は

制止の変節で

本地を創興し

再起し量った

 

哀しき滞積で

痴想を挟持し

経血の天資も

投獄し氷った

 

静かな費消は

弊履の宣戦で

存疑を奉告し

廃位し触った

 

 

「メイデン」