ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


雨の配色は

宏き遺闕で

厭忌されど

本地を踊る

 

素見の国は

梗塞せども

詳察すれば

敢行を触る

 

翅の愛唱は

甚き卑謙で

偏倚されど

恩誼を誇る

 

口訣の炭は

葬送せども

胸算すれば

惨酷を飾る

 

 

「ゴーレム」