ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


確かな箝束は

譴責を偵察し

挟持の沈降で

交感し点った

 

賤しき秘説に

返辞し偃息し

云為の復権

反抗を赤った

 

幽かな端荘は

天性を計算し

調義の謹告で

統括し氷った

 

等しき移染に

演技し変相し

奮起の欝結で

暗黒を量った

 

 

「収束の箍」