ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


幽かな散見は

生理を警告し

好意の霜雪で

新創し切れた

 

容易き背離で

編尾の貞潔

調息を擯斥し

放心し隣った

 

清かな汗血は

経伺を成稿し

想起の抗戦で

緊束し痴れた

 

果無き大志で

天時の閉瞼は

表層を鎮静し

洞悉し細った

 

 

「リミット」