ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


真理の磯は

甘き彩飾で

精研だけを

横行し剃る

 

反正の滝で

稚拙なのに

閉口しては

等閑を掘る

 

因子の城は

慧き哀傷で

永訣だけを

相剋し織る

 

嘆惜の灰で

卑賎なのに

啼哭しては

包括を摂る

 

 

「愚の紛骨」