ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


法席の鳥は

近き否塞で

偏見だけを

退位し奔る

 

蚕食の鍵で

季節までも

相違すれば

啓示を競る

 

統制の星は

宏き痴想で

転結だけを

敗毀し猛る

 

感賞の匙で

死線までも

興起すれば

正義を蹴る

 

 

「バレット」