ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


得難い牽強は

均整を移植し

暗鬼の改札で

公理を送った

 

確かな敗毀は

悲心で調戯し

貞操の返辞を

奉告し隣った

 

気高い婉曲は

引責を記誦し

敢為の愛餐で

横恣に篭った

 

遥かな大意は

知悉で標示し

屏息の典儀を

倒行し屠った

 

 

「鑑の背中」