ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


烈しき魔性で

明決を平視し

腐蝕の無愧に

猛威が惚れた

 

愚かな巷説を

危局で依違し

宛然の顕示に

邂逅し荒れた

 

貧しき播殖で

閉瞼を迷離し

霧消の怖畏に

蜂起が漏れた

 

細かな鏖戦を

遺教で忌諱し

懸絶の演戯に

哀哭し枯れた

 

 

「不遇の牙」