ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


仄かな嘔気は

婉曲を変移し

非理の遺闕も

愛唱し計った

 

近しき失踪で

壮美は統括し

天機の宣告を

済生し頼った

 

愚かな抱囲は

偏狂を延期し

異志の疲倦も

配色し呷った

 

親しき窒息で

悼辞は相関し

戦意の覘考を

滞積し触った

 

 

「縋る不純」