ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


果無き譚詩は

天意を変奏し

丕績の長蛇で

投獄し誇った

 

怪しい甘美で

軽塵を遠離し

委曲の奇蹟は

交接し怖れた

 

容易き判理は

偏気を填塞し

致誠の馮河で

縫合し隣った

 

哀しい暗示で

英実を眷視し

棄教の遺制は

応戦し壊れた

 

 

「勇壮な弱者」